動画素材.com/ブログ

VJ 映像素材・4K2K CG ムービー素材・動画素材123・PV・MVなどの公開とかMac・iPhone・iPadとか。動画素材.comの管理人ブログです。

Davinci Resolve Intensity Shuttle

Davinci Resolveで外部モニター出力する【Intensity Shuttle】

投稿日:2017年1月2日 更新日:


Davinci Resolveで外部のモニターに出力する方法がわからなくて調べてたら、そのままではモニター出力できないとの事なので、Davinci Resolveでモニター出力する一例を忘備録として残しておきます。

Davinci Resolve 12

https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve

DaVinci Resolve
無料
(2017.01.14時点)
posted with ポチレバ
DaVinci Resolve Studio
58,800円
(2017.01.14時点)
posted with ポチレバ

モニター出力するのにDavinci Resolve以外で必要なものですが、

ここではBlackmagicdesignの【Intensity Shuttle】を使用します。thunderbolt版とUSB版がありますが、USB版を使用。


後は【Intensity Shuttle】からのHDMI出力で繋げる適当なHDMIケーブルとモニターを用意してください。ここではとりあえず【Video Assist】の5インチを使用します。

モニターとPCでどれくらい離れているかはそれぞれだとは思いますが、長いの買っておけば間違いはないと思います。


【Intensity Shuttle】を使用する場合ドライバをインストールする必要があります。

Desktop Video をダウンロードしてインストール、再起動してください。
2017/1/3現在バージョンは10.8.2です。

下のアドレスの「最新のダウンロード情報」から辿っていってください。もしくは「Desktop Video」でページ内検索

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support

モニターのHDMIイン【Intensity Shuttle】のHDMIアウトをHDMIケーブルで繋いでください。

ここでモニターの電源を入れた状態にします。なぜかというとうちの環境ではMacと【Intensity Shuttle】とモニターを繋げた状態でモニターの電源を入れるとMac側のUSBポートが全部死んで反応しなくなるからです。


【Intensity Shuttle】とPCをUSBで繋いでください。【Intensity Shuttle】に付属しているUSBケーブルを使えば間違いはありません。

ハブなどを介さずPC本体と直接USBを繋げた方が良いです。


【Intensity Shuttle】とPCが繋がっているのか確認する為に「Blackmagic Desktop Utility」を立ち上げてください。

ちゃんと繋がっていれば【Intensity Shuttle】の画像がでているはずです。

Intensity Shuttle

【Intensity Shuttle】の画像が出てこない場合はUSBがちゃんと差し込まれているか確認してください。Mac Proの場合はよく本体側にUSBがきちんと差し込まれていない事が多々あります。

これで接続の確認ができました。


ここでちょっと【Intensity Shuttle】の設定をします。(ここ不要かも)

画像の真ん中あたりをクリック、

Intensity Shuttle 2

Video OutputのOutput Formatから適当な解像度を選択します。ここでは1080p29.97を選択しました。

Intensity Shuttle3

次にDavinci Resolveを立ち上げます。

適当に今までのプロジェクトを開くなり新規につくるなりしてください。


Davinci Resolveのウィンドウ右下の歯車マークをクリック、

【Intensity Shuttle】Davinci Resolve

マスタープロジェクト設定から適当なビデオフォーマットを選択してください。
これでモニターに映っているかと思います。

というかここでビデオフォーマット選択するからさっきの「Blackmagic Desktop Utility」での設定は別に不要かな?


このようにちゃんとモニターに映せました。実際はキレイに映っています。

170103-0001

うちの環境だとここでモニター側の電源を切っちゃうとMac側のUSBポートが全部死ぬので、

切る場合は必ず【Intensity Shuttle】とMacのUSB接続を外してからモニターの電源を切ります。


あと【Intensity Shuttle】は1080の60pは出ないのでそこらへん出したい場合は他の機材になりますかね。
他にも何かあった気がするんだけど思い出せない…


以上です。Davinci Resolveで外部のモニターに繋げる場合は別途機材が必要になってそこらへん面倒くさいとは思いますが【Intensity Shuttle】は入力出力できるのでそこそこ便利かとは思います。

YouTubeライブストリーミング(ゲーム実況)をやってみる【Blackmagic Intensity Shuttle・OBS】設定方法 Mac OS X


DaVinci Resolve
無料
(2017.01.14時点)
posted with ポチレバ
DaVinci Resolve Studio
58,800円
(2017.01.14時点)
posted with ポチレバ



Related Articles:

-Davinci Resolve, Intensity Shuttle

執筆者:


コメントを残す

関連記事

YouTubeライブストリーム-ゲーム中継-をやってみる【Blackmagic Intensity Shuttle・OBS】02

YouTubeライブストリーミング(ゲーム実況)をやってみる【Blackmagic Intensity Shuttle・OBS】設定方法 Mac OS X

【Blackmagic Intensity Shuttle】と【OBS】を使ってWii UのゲームでYouTubeライブストリーム(ゲーム実況)をやってみたので 設定方法を忘備録として残しておきます。 ... 続きを読む

150728-0002

Davinci Resolve 12ベータ1を起動させた時に以前のバージョンで作成したプロジェクトが表示されていない時の対処法

Davinci Resolve 12のベータ1と Davinci Resolve Studio12のベータ1がダウンロードできるようになっています。 https://www.blackmagicdes ... 続きを読む

新刊「動画素材123+45 まるごとフリーでつかえるムービー素材集」


・大人気の動画素材集シリーズ第4弾は、過去2作品から選りすぐりの動画がフルハイビジョンで復活! 

新作も加えた〈123+45〉=〈168点〉、2層式DVD-ROM × 2枚組みの大ボリュームでお届けします!!12/17全国書店で発売です。商用利用にも使えます。


FHD動画素材123本収録「動画素材123FULL」 動画素材123FULL

動画素材123FULL
まるごとFREEでつかえるムービー素材集












CLOSE
CLOSE