動画素材.com/ブログ

VJ 映像素材・4K2K CG ムービー素材・書籍「動画素材123」、PV・MVなどの公開、映像制作関連、Mac・iPhone・iPadとか。動画素材.comの管理人ブログです。

Davinci Resolve davinci resolve lite 映像制作関連トピック

【Davinci Resolve Lite】を使ってみる 11.1で追加された機能

投稿日:2014年10月28日 更新日:


ちょっと前にDavinci Resolve Liteの11.1が出ていたのですが、Mac App Storeにあるものはまだ11.0でして、11.1にはアップデートされていません(2014/10/27現在)しかし公式の方ではもう11.1の配布がされておりまして、11.1のベータ版と11.1の正式版が配布されているというよくわからん状態です。



https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve」の下でダウンロードしようとするとこのウィンドウが出ます。どちらも11.1ベータ版?みたいな状態になっていますがどちらかがベータ版でどちらかが正式の11.1です。

Davinci Resolve Liteを使ってみる 11.1で追加された機能1

なので「https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve」からダウンロードするのではなく
「サポート」の「最新のダウンロード情報」から辿ってダウンロードするのがよろしいかと思います。


https://www.blackmagicdesign.com/jp/support
Davinci Resolve Liteを使ってみる 11.1で追加された機能2

11.1の正式版とベータ版、前の方が良い場合は11.0の正式版、11.0a、11.0bのベータ版があります。


今回はDavinci Resolve Lite 11.1で追加された機能を確認してみます。

一応「最新のダウンロード情報」から青文字の「詳細」をクリックしていただくと変更点がわかります。英語ですけど。



1.トラックの高さが変えられるようになった。

タイムラインの左にあるトラック名とかある所、境目を掴んで動かすとトラックの高さが変更できます。ビデオトラックとオーディオトラック両方できます。欲を言えばもう少しトラックの高さを小さくできるようにして欲しかったですかね。






2.ビデオトラックのフェードインアウトが簡単にできるようになった。

今までオーディオトラックにはあったんですよねこの機能。ビデオトラックにもあれば良いのにと思っていたら付けてくれていました。





<3.「タイトル」の表示位置が簡単に動かせるようになった。


今までは「パン」と「ティルト」で動かしていましたが直接掴んで移動できます。
ただし「パン」と「ティルト」の値は動きません。アニメーションなどさせたい場合は結局「パン」と「ティルト」の値を調整することになります。


2014.12.22追記
掴んで移動した時も位置の値が動く様になっていましたのでなんとなく動かしてもその都度キーフレームを打てばアニメーションできるようになりました。
2014_12_22_4_16

それとタイトルの「スクロール」は掴んで移動できません。移動させたい場合はパンとティルトで調整することになります。タイトルの「ローワー」はそれぞれ掴んで移動できます。



4.トラックの間に空白がある場合はその空白を選択してデリートで「リップル削除」ができる。


間が空いちゃった場合とかには空白を選択してキーボードのデリートを押せば「リップル削除」になります。
ただし自分の環境だとこの機能の影響からかキーボードの「delete」キーは「リップル削除」になっちゃいまして普通の「delete」ができなくなっちゃいました。
なのでキーボードのショートカットキーを「Shift+delete」にして対処しています。


Davinci Resolve Liteを使ってみる 11.1で追加された機能3

追記:2014.11.19

日本語入力環境で英語キーボードがいけないのかな?と思い、
OS Xのシステム環境設定→キーボード→入力ソースで「U.S.」を追加してDavinci Resolve Liteの入力を「U.S.」で操作→「Delete」キー押す、効かない→そういえば「Shift+delete」にしていたんだっけ→ショートカットキーを「delete」に戻す→「リップル削除」ではなく普通の「削除」になっている。→日本語入力にして同じように操作する→「delete」キーが普通の「削除」に戻っている。 という感じで治りました。

141119-0001

5.トラックを複数選択してビデオトラックには「ディゾルブ」、サウンドトラックには「クロスフェード」がつけれるようになった。


複数クリップを選択した後に「⌘+T」キーでできます。




6.トラックを選択してから「⌘+Shift」を押しながら移動させると並びの変更が簡単にできるようになった。


なおトラックを選択してから「⌘+option」押しながら移動だと任意の場所に差し込めます。





ただしどちらも「トランジション」をつけている場合はおかしなことになるので、「トランジション」をつける前にやるなど注意は必要かと思います。

他にも色々とあるかと思いますがこんな感じで。

-Davinci Resolve, davinci resolve lite, 映像制作関連トピック
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

davinci resolve lite

【Davinci Resolve Lite】を使ってみる 色調補正 カラーグレーディング

今回は「Blackmagic Pocket Cinema Camera」で撮ったRAWファイルを使って「色調補正・カラーグレーディング」をやってみます。 一応先に断っておきますが「カラーグレーディング ... 続きを読む

130920-0005

アルファチャンネル(透過)をムービーに入れて書き出す時の設定【AfterEffects】

AfterEffectsでアルファチャンネル(透過)を入れて書き出す方法を簡単に記しておきます。 Adobe After Effects トレーニングブック サンプルデータを触りながら学べるハンズオン ... 続きを読む

davinci resolve lite

【Davinci Resolve Lite】で気になるところ

Davinci Resolve Lite(バージョン11.1.1もしくは11.1)で現在気になる所というか不具合っぽいものと要望的なものをメモしておきます。 自分の環境での場合なので全ての人には当ては ... 続きを読む

iMovie

iMovie(ver.10)を使う3【動画素材123FULL】テキスト(タイトル)を重ねる・トランジションを使う

iMovie(バージョン10)の使い方を解説していきます。テキスト(タイトル)を重ねる・トランジションを使う 1.タイムラインに配置したムービークリップの上にテキストを重ねる 2.ムービークリップとム ... 続きを読む

davinci resolve lite

【Davinci Resolve Lite】を使ってみる 複合クリップ

Davinci Resolve Liteの「複合クリップ」について今回は探っていきます。 「複合クリップ」はAfter Effectsで言うプリコンポジションみたいなものですね。Motionだとグルー ... 続きを読む

新刊「動画素材123+45 まるごとフリーでつかえるムービー素材集」


・大人気の動画素材集シリーズ第4弾は、過去2作品から選りすぐりの動画がフルハイビジョンで復活! 

新作も加えた〈123+45〉=〈168点〉、2層式DVD-ROM × 2枚組みの大ボリュームでお届けします!!12/17全国書店で発売です。商用利用にも使えます。


FHD動画素材123本収録「動画素材123FULL」 動画素材123FULL

動画素材123FULL
まるごとFREEでつかえるムービー素材集










2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  



CLOSE
CLOSE