動画素材.com/ブログ

VJ 映像素材・4K2K CG ムービー素材・書籍「動画素材123」、PV・MVなどの公開、映像制作関連、Mac・iPhone・iPadとか。動画素材.comの管理人ブログです。

AfterEffects アルファチャンネル 動画 映像 ムービー 映像制作関連トピック

アルファチャンネル(透過)をムービーに入れて書き出す時の設定【AfterEffects】

投稿日:2012年8月14日 更新日:


AfterEffectsアルファチャンネル透過)を入れて書き出す方法を簡単に記しておきます。

130920-0005

まずムービー書き出しをする時に色々設定しますが、下画像のような設定を参考にしてください。

AfterEffectsでアルファチャンネル付きのムービーを書き出す時の設定例

ここでいくつかポイントを書いておきます。


画像で1のところ.アルファチャンネル透過)を入れれるコーデックを設定します。

まずMac環境だとFinal Cut ProXとか入れているのであればProResコーデックがインストールされていますので「形式:QuickTime」「形式オプション:ProRes4444」がお勧めです。


ProResがインストールされていない場合は「形式:QuickTime」の「形式オプション:アニーメーション」が良いです。
ファイルサイズを抑えたい場合は「形式オプション:PNG」でも良いですが、
PNGから更にPNGにレンダリングとかすると結構画質悪くなる傾向がありますので(自分調べ)気をつけてください。


Windows環境だと最初からのデフォルトでとなると「形式:AVI」「形式オプション:無圧縮」しかないかな?と思います。後からコーデックをインストールすれば他のも使えるかと思いますがそこらへんは詳しくないので説明できません。


QuickTimeをインストールしてあるのであればQuickTimeのアニメーション圧縮が使えます。
【注意:2016/4/15追記:QuickTime for Windowsはアンインストールが推奨されていますのでそうなるとQuickTimeのコーデックで書き出しはできません。】
更に追記:ソフトウェアによってはQuickTimeをインストールしなくてもProres形式が使えるようになっているのも出てきているようです。


(時々「MP4・アルファチャンネル」などで検索されてくる方がいますが、MP4にアルファチャンネルを含むことはできません)

圧縮画質はいずれも100にしておいて下さい。



画像で2のところ.ビデオ出力

「チャンネル:RGB+アルファ」


画像で3のところ.「色深度:数百万色+」

ProRes4444の場合は「数兆色+」


画像で4のところ.画像では「カラー:ストレート(マット無し)」

にしてありますがこれは他のソフトで使ったりする場合はこの方が良いのでそうしています。AfterEffectsのみで完結するのであれば「カラー:合成チャンネル(マット有り)」でも大丈夫かと思います。


下の画像で5のところ.設定を間違えていたりするとウィンドウの左下に注意アイコンが出ますので設定を確認してください。



そしてレンダリングしちゃってください。

これでアルファチャンネル透過)が含まれているムービーデータがAfterEffectsで書き出せます。

以上です。ちなみに4で説明している「カラー:ストレート(マット無し)」で書き出したものをQuickTimeプレイヤーなどで開くとムービーが壊れた?みたいな表示になりますがデータに異常はありませんので安心してください。

投稿者プロフィール

ES... ( Molojun )
ES... ( Molojun )
もうだいぶ前からになりますがクラブVJをやっていました。 そこから映像関係のお仕事をやるようになり、コンサートや企業プレゼン、展示会などのムービーを創ったり、時にはプレゼンテーション素材をつくったりするようになりました。
今はPVなども制作したり動画素材を配布・販売したりしています。

■書籍も出しました【動画素材123+45】168本のFHD動画素材を収録しています。

◆もうちょっと詳しいプロフィールはこちらへどうぞ

▼動画素材.com 作者へのサポートをお願いいたします。
Amazonほしいものリスト

-AfterEffects, アルファチャンネル, 動画 映像 ムービー, 映像制作関連トピック
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

Keynote

Keynote(プレゼンテーションソフト)でムービー素材【動画素材123FULL】を使って自動再生自動ループできるファイルをつくる(Mac OS X・iOS7・8で再生可能)

Mac OS XのKeynoteでムービー素材を使った自動再生自動ループできるKeynoteファイルをつくる方法を記しておきます。 https://itunes.apple.com/jp/app/ke ... 続きを読む

davinci resolve lite

【Davinci Resolve Lite】を使ってみる かんたんな操作でフィルム調にする。(LUT)

LUT(ラットとかルットとかと読むらしい)を使って簡単な操作で映像をフィルム調にしてみます。 ここで使用するDavinci Resolve Liteのバージョンは11.1を使用します。 すでにムービー ... 続きを読む

【動画素材123+45】に収録しているアルファチャンネル付きファイルに関して1

【動画素材123+45】に収録しているアルファチャンネル付きファイルの使い方

12/17に全国書店で発売される「動画素材123+45 まるごとフリーでつかえるムービてー素材集」(以下 動画素材123+45)ですが、アルファチャンネル付きのファイルを収録していますので そこに関し ... 続きを読む

davinci resolve lite

【Davinci Resolve Lite】スタビライザー

【Davinci Resolve Lite】スタビライザー と題しましてスタビライザー機能を使ってみます。  icon-cloud-download Mac App Storeで【 ... 続きを読む

iMovie

iMovie(ver.10)を使う5【動画素材123FULL】アルファチャンネル付き(透過)movで合成・サイドバイサイド・アニメーション・KenBurns

iMovie(バージョン10)での使い方を解説していきます。 前回のでiMovie(バージョン10)での使い方は終わらせるつもりだったのですが、アルファチャンネル付きムービーを試しに使ってみたら普通に ... 続きを読む

新刊「動画素材123+45 まるごとフリーでつかえるムービー素材集」


・大人気の動画素材集シリーズ第4弾は、過去2作品から選りすぐりの動画がフルハイビジョンで復活! 

新作も加えた〈123+45〉=〈168点〉、2層式DVD-ROM × 2枚組みの大ボリュームでお届けします!!12/17全国書店で発売です。商用利用にも使えます。


FHD動画素材123本収録「動画素材123FULL」 動画素材123FULL

動画素材123FULL
まるごとFREEでつかえるムービー素材集










2017年2月
« 1月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 



CLOSE
CLOSE