動画素材.com/ブログ

VJ 映像素材・4K2K CG ムービー素材・書籍「動画素材123」、PV・MVなどの公開、映像制作関連、Mac・iPhone・iPadとか。動画素材.comの管理人ブログです。

iMovie 動画素材123 映像制作関連トピック

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置

投稿日:2014年9月12日 更新日:


以前「動画素材123をMacで使う!iMovie編」と題しましてiMovieの使い方を解説していました。もう結構前の記事になります。
「まるごとFREEでつかえる動画素材123」をMacで使う!iMovie編

あれからiMovieもバージョンアップしてずいぶん見た目も変わりました。

ここでは【動画素材123FULL】を使用してiMovie(バージョン10)をどう使っていくか解説していきたいと思います。

動画素材123FULL まるごとFREEでつかえるムービー素材集iMovie


使用するのはiMovie(バージョン10)です。あ、OS Xの方です。iOS版もいずれ解説はしていきます。

iMovie
https://itunes.apple.com/jp/app/imovie/id408981434?mt=12


今回の目的は

30秒くらいの音楽になんとなく合わせてムービーを配置していきます。

とりあえず今回つくるのはこれ。


Music ♪ by A-bee




まずiMovieを立ち上げます

ウィンドウ上にある「Theater」を選択して「新規ムービー」をクリックします。

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置1



そうするとこのようなウィンドウになります。ここでは「テーマなし」を選択します。
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置2



名前を適当に入力してください。
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置3


こんなウィンドウになります。
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置4



このウィンドウの「クリップが見つかりません」という所があるのでそこに今回使用する動画素材や音楽ファイルを入れます。

もしくは「読み込む」から読み込ませてください。

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置5



これら読み込んだファイルをタイムラインに配置しますがその前にちょっとした表示の設定をします。

上のメニューバー真ん中下あたりにあるムービーフィルムアイコンのようなものをクリックします。
そうすると「クリップのサイズ」「拡大・縮小」とありますのでそこのスライドを動かして自分の見やすいように調整してください。
自分の場合は両方ともスライダーを一番左に寄せています。

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置6



ひとまずタイムラインに並べていきます。

ここでいうタイムラインは現在iMovieのウィンドウ下の大きく空いている部分ですね。
そこに動画素材などを放り込んでいくのですが、まずは音楽ファイルを入れます。
まず何も考えずに音楽ファイルをダブルクリックしてください。これで音楽ファイルが全選択された状態になります

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置7


その状態で音楽ファイルを掴んで下の空いている所に入れてください。
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置8


そうすると上の画像のようになります。

上の画像はフェードインした状態ですが、ここではやり方を説明しません。適当にいじってみてください。
タイムラインのオーディオ部分の左端や右端をいじって長さを調整します。




ある程度音楽に合わせて映像を切り替えようと思っているので切り替えたいなという所にマーカーをつけていきます。

要は目印ですね。
キーボードのスペースボタンで再生できるので再生しながら音楽に合わせて適当にキーボードの「M」キーを押してください。
そうすると青いマーカーができます。間違えたらマーカーに右クリックで削除できますのでその都度調整してください。

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置8



次にムービーを配置します。

先ほどと同じようにダブルクリックしてから掴んでタイムラインに配置します。

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置9


タイムラインの始めの所に配置されます。
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置10


マーカーに合わせたいのでこのムービーの後ろの部分を掴んでマーカーに合わせてください。
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置11


なんですが…どうもマーカーにうまく合わないんですよね…

でも再生させると合ってるんですよね。
どうも黄色い線が出た所で離すと何かしら合っているという状態のようです。

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置13


なのでこの状態でムービーを追加していきます。

次のムービーの頭でマーカーと合っているのでマーカーと合っているようです。

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置14


んで、このムービーも後ろの部分をマーカーに揃えるのですが…

今度はちゃんと後ろが合うんですよね…なんなんでしょう?

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置14



まぁこういう不思議な挙動もiMovieならでしょうか。

とりあえず並べていきます。
というかムービーの継ぎ目部分をなんでこのような表示にしたのかよくわかりません。
再生確認するとすごく見づらいんですが。

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置16



一通り並べて完成させたら書き出します。

今回はムービーファイルの書き出しをします。

「ファイル」→「共有」→「ファイル」

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置16


このようなウィンドウが出ます。
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置17


マイムービーの文字をクリックするとファイル名が変更できます。「次へ」を選択してください。
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置18


iMovieのいつものウィンドウに戻ります。右上に何かあります。
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置19


進行状態が出ます。今書きだし中のようです。このままiMovieで作業はできますが、できればこのまま書き出しが終わるまで待っていた方が良いかと思います。
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置20


終わると通知センターで知らせてくれます。これで完了です。
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置21


完成品


Music ♪ by A-bee

以上、音楽になんとなく合わせてムービーを配置していくやり方でした。
かなり戸惑う挙動もあるのですが、大ざっぱな感じに配置していくには良いかと思います。



気になる点は結構ありまして

・以前のバージョンにあった「ビートマーカー」が無くなっている。
・タイムラインに配置したムービーの継ぎ目表示が見づらい。再生しながら確認がしづらい。
・この継ぎ目のせいなのかわからないが、マーカーに合わせたいのに合っているのか合っていないのかよくわからない状態になる。
・前バージョンでもそうだったが細かい調整がしづらい&前から詰めていく感じじゃないとムービーが配置できない。
・時間表記が基本無い。




あと注意事項ですがiMovieバージョン10は

「ユーザーホーム」→「ムービー」の中に「iMovie ライブラリ.imovielibrary」というライブラリをつくり、その中にiMovieで使っている動画素材や音楽ファイルなどが収納されています。それ自体はまぁ良いのですが、起動ディスクの中につくるのでファイルサイズが巨大になっていくと大変なのですよね。
なのでこのiMovieライブラリを別のHDDなどに移動した方が良かったりします。


iMovieを一旦終了→「ムービー」フォルダの中にある「iMovie ライブラリ.imovielibrary」を別のHDDなどに移動する→iMovieを立ち上げる→空っぽの状態なので、「ファイル」→「ライブラリを開く」→「その他」を選択→「場所を確認」→移動したiMovieライブラリを選択。でiMovieライブラリの移動ができます。

iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置22
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置23


以上、
iMovie(ver.10)を使う1【動画素材123FULL】ムービーと音楽配置
でした。

次は画像を重ねたりといった事を解説します。

iMovie(ver.10)を使う2【動画素材123FULL】配置したムービークリップの置換、画像(動画)を重ねる(ピクチャインピクチャ)合成



-iMovie, 動画素材123, 映像制作関連トピック
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

Keynoteでコンテ(ストーリーボード)をつくってみる。(Mac OS X)

Keynoteで絵コンテ用紙(ストーリーボード)のファイルをつくってみる。(Mac OS X)

Keynote本来の使い方ではないのですが、時々簡単な絵コンテをKeynoteでつくる時がありまして、 その時に使うファイルをちょっと改良しましたので試しに配布してみます。 投稿者プロフィール ES. ... 続きを読む

動画素材123NEO

【Motion5】使い方.6(カメラ・ドリー・スウィープ・マスク)

Motionの「カメラ」の「ライブラリ」にある「ドリー」と「スウィープ」について簡単に解説します。 Motion使い方初心者向けです。 ■動画素材123NEOを使ってMotion5をいじる.6(カメラ ... 続きを読む

動画素材123NEO

【Motion5】使い方.4(パーティクル)

今回はMotionの「パーティクル」について簡単な使い方を解説します。 Motion使い方初心者向けです。 ■動画素材123NEOを使ってMotion5をいじる.4(パーティクル) 今回の完成品 FL ... 続きを読む

動画素材123FULL まるごとFREEでつかえるムービー素材集

【動画素材123FULL】と【動画素材123NEO】フルHD版の動画素材紹介ムービーをアップしました。

まずは【動画素材123FULL】の動画素材紹介ムービーをどうぞ。8/26全国書店で発売です。 【動画素材123FULL】まるごとFREEでつかえるムービー素材集(収録動画素材紹介) Amazonでのご ... 続きを読む

動画ファイルに後から音声トラックを足す。【Mac・QuickTime7Pro】1

動画ファイルに後から音声トラックを足す【Mac・QuickTime7Pro】

動画ファイルを書き出して、あ、音声入れて書き出すの忘れてた、という時ありませんか? そういう場合、後からなんとかなる場合があります。 今回は音声トラックが無い動画ファイルに後から音声トラックを追加する ... 続きを読む

新刊「動画素材123+45 まるごとフリーでつかえるムービー素材集」


・大人気の動画素材集シリーズ第4弾は、過去2作品から選りすぐりの動画がフルハイビジョンで復活! 

新作も加えた〈123+45〉=〈168点〉、2層式DVD-ROM × 2枚組みの大ボリュームでお届けします!!12/17全国書店で発売です。商用利用にも使えます。


FHD動画素材123本収録「動画素材123FULL」 動画素材123FULL

動画素材123FULL
まるごとFREEでつかえるムービー素材集










2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  



CLOSE
CLOSE