動画素材.com/ブログ

VJ 映像素材・4K2K CG ムービー素材・書籍「動画素材123」、PV・MVなどの公開、映像制作関連、Mac・iPhone・iPadとか。動画素材.comの管理人ブログです。

Blackmagic Design Fusion PIXPRO SP360 4K VR 360

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】使い方

投稿日:2016年2月29日 更新日:


Fusion8 BETAを使ってPIXPRO SP360 4Kで撮ったVR映像を展開していく方法です。


初めてBlackmagic Design Fusionを使う方の参考にもなるかと思います。

最初どういう風にいじったらわからないかと思いますのでそういう時にFusionの使い方としても参考にしていただけたらと。


Fusion8 BETAはブラックマジックデザインのサイトからフリーでダウンロードできます。

2016/02/28時点ではFusion 8.0 Beta 3になります。Fusion Studioではありません。

追記:2016/4/1にファイナルリリース?されてBetaでは無くなりました。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】

なお日本語版は現在のところありません。全て英語になりますのでがんばって使ってください。
うちの環境だとちょいちょい落ちる事もありますので、こまめなセーブは欠かせません。
一応オートセーブも作動します。


YouTubeにFusion8 BETAの使い方映像をアップしましたのでこちらも参考にしてください。




【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】0

Fusion8 BETAをダウンロード、インストールしてFusion8 BETAを立ち上げてください。

YouTubeにアップした映像内では説明していませんでしたが最初はフレームの数で時間表記がされています。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】1


これをタイムコードの時間表記にしたい場合は

メニューバーからFusion → Preferences → Global and Default Settings → Defaultsの中に
Time codeの欄があります。そこにShow time codeのチェックを入れるとタイムコードの表記になります。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】2


このようにタイムコードの表記になりました。Saveボタンを押して閉じてください。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】3


FileからNewで新規でコンポジションをつくるとタイムコード表記になっています。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】4


ここから本編です。
まずFusion8 BETAを立ち上げるとこんな感じのウィンドウが出てきます。

出てこなかった場合はFileからNewで新規コンポジションをつくってください。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】5


ウィンドウの表示はもしかしたら違うかもしれませんが左上にあるここらへんをクリックしていただくと色々変わります。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】6

素材を読み込みます。

左上あたりにある「LD」と書いてあるボタンをクリックしてPIXPRO SP360 4Kで撮った映像を読み込んでください。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】7


素材が読み込まれ配置されます。

なおアイコン表記が違う場合がありますがそこらへんは気にしないでください。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】8


アイコン表記のでかいのが良いという場合は下の広い所を右クリックで
「Force All Tile Pictures」にチェックを入れるとでかいアイコン表示になります。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】9


プレビュー欄には何もない状態なのでひとまず素材を表示させてみます。

下にあるアイコンをとりあえず上の空いている所にドラッグ&ドロップしてください。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】10


と、こんな感じで素材が表示されます。この素材を展開していきます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】11


素材がでかでかと表示されてしまって全体を確認したいという場合はプレビュー下にある
「Fit」という所をクリックすると素材の全体表示になります。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】12

で、これを展開する為にエフェクトを適用します。

ここでは見やすさと説明のしやすさを優先します。ウィンドウ左上にある先ほどクリックした「LD」の左隣にあるアイコンをクリックします。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】13


するとエフェクトなどの一覧が見れるウィンドウが出てきます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】14


そこから「Warp」→「Coordinate Space」を探します。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】15


元素材が選択されているのを確認してから「Coordinate Space」をダブルクリックします。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】16


そうすると素材の横にくっついて 「Coordinate Space」が追加されたのが確認できます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】17


この状態だとエフェクトが適用された事が確認できないのでこれを確認する為に 「Coordinate Space」のアイコンを上のウィンドウにドラッグ&ドロップします。
今回は左上にドラッグ&ドロップ。
そうすると 「Coordinate Space」が適用された状態が確認できます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】18


エフェクトのかかった状態が確認できますが、これだと形と向きがおかしいですね。これを直していきます。

「Coordinate Space」をかけた状態だと上下反転された状態になっていますのでまずこれを直します。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】19


先ほどのエフェクト一覧が見れるウィンドウの中から「Transform」→「Transform」を探します。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】20


「Coordinate Space」のアイコンを選択した状態で「Transform」をダブルクリック

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】21


「Transform」が追加されます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】22


「Transform」のアイコンを右上の空いている所にドラッグ&ドロップします。

「Transform」が適用された状態が確認できます。現在 「Transform」で何も変更していないので変化はありません。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】23


上下反転の状態を直します。右側にある「Controls」を確認、「Flip Vertically」のチェックを入れます。

上下反転が直り見た目の状態に近くなります。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】24

次に映像の大きさを調整します。

「Transform」のアイコンを選択した状態でエフェクトのウィンドウの中から「Transform」→「Resize」をダブルクリックします。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】25


「Resize」が追加されます。「Resize」を上のウィンドウにドラッグしてください。

「Resize」の適用が確認できます。形としてはちゃんとなっているのが確認できます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】26


右の「Controls」を確認します。

Widthが1920、Heightが1080となっています。という事は1920×1080のFHDの大きさのコンポジションになっているという事です。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】27


Widthを3840、Heightを1920に変更します。

これで3840×1920のコンポジションになります。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】28


ひとつ前の「Transform」を選択した状態で「Wrap」をクリックしてCenter Xの値を動かすと中心位置をずらす事ができます。

YouTubeでまず表示されるのは真ん中になるので真ん中で見せたいものがある場合は調整しましょう。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】29


プレビューに映っている映像が粗い場合があります。その場合は

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】30


下にある「HiQ」をクリックするとプレビューの画質が良くなります。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】31

展開作業はこれで一旦終わらせてレンダリングして書き出します。

「Resize」を選択した状態でエフェクトのウィンドウから「I/O」→「Saver」をダブルクリックします。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】32


保存先とファイル名を指定すると「Saver」のアイコンが追加されます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】33


右側を確認して書き出しの設定をします。

今回はQuickTime Moviesを選択。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】34


「Format」を確認。ここではH.264を選択しfpsを29.97に変更します。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】35


レンダリングを開始するには下にある緑の「Render」ボタンをクリックします。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】36


出てきたウィンドウの右下「Start Render」をクリックするとレンダリングが始ります。

レンダリングが終了した場合ダイアログが出ますので出来たファイルを確認してください。
これでPIXPRO SP360 4Kで撮ったVR映像を展開できます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】37

さてプレビューを見ると下の所が空いていたりするのですが、
ここを隠したい場合は上にある「BG」を「Resize」を選択した状態でクリックします。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】38


そうすると「Merge」と「Background」が追加され、プレビューには黒い平面があるのが確認できます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】39


この平面の大きさや位置を調整します。

Backgroundを選択した状態で右側のControlsを確認。
「Use Frame Format Settings」のチェックを外し、Widthを3840に変更。
黒い平面が横いっぱいに広がります。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】40


次に「Merge」を選択してプレビュー上にある平面をつかんで下に移動させます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】41


よかれと思う所まで動かしてください。これで下の部分を隠す事ができます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】42

ちなみにPIXPRO SP360 4K純正アプリケーションで書き出したものは少し縦幅が小さいです。

なのでそれに合わせる場合は更に大きさを調整します。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】43


Saverの一個手前、Resizeを選択した状態でTransformを適用します。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】44


Transformを選択した状態で

Use Size and Aspectのチェックを外し、Y Sizeを0.96、Center Yの値を0.52にします。
これでほぼほぼPIXPRO SP360 4Kのアプリケーションで書き出したものと一致していると思います。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】45


あとコンポジションの時間の長さを設定します。

今は0から1000フレームまでとなっています。(タイムコード表記だと33:10かと)
例えば元素材の長さが1分とかあればもっと長いわけで全部のフレームを書き出したり確認したいのであればこの数字を調整する必要があります。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】46


元素材の尺の長さを確認します。

元素材を選択して右側のTrim Outの数字を確認してみます。
ここでは9824となっています。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】47


その9824の数字を下にある緑のRenderボタン左隣にある1000の数値の所に入力します。

これでコンポジションの尺の長さが0から9824までとなりました。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】48


しかしアウトポイントが1000のままなのでこれを調整します。

タイムラインの1000の所にある右向きの三角形を右にドラッグしてみます。
これでアウトポイントが調整できます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】49


正確に数値を打ち込みたい場合は
先ほど9824と数値を打ち込んだ左隣にあるところに数値を打ち込みます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】50


インポイントの数値は左下2番目に数値を打ち込みます。
これでインポイントアウトポイントの設定ができます。

【Kodak PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を【Fusion8 BETA】で展開する【Blackmagic Design】51


以上です。



YouTubeにアップする時は書き出したのをそのままアップロードしても360°にはなりませんので以下の記事を参考にしてください。
H.264で書き出しているのであれば拡張子.movを.mp4に変更する事で360VideoMetadata(「Spatial Media Metadata Injector」に変更されています)で読み込みできます。

【THETA S】VR360°動画撮影・編集・YouTubeアップまで。動画編集〜アップロード編【RICOH】2016.10.27タグ付けで追記あり


-Blackmagic Design Fusion, PIXPRO SP360 4K, VR 360
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

【THETA S】360°写真撮影・スライドショーにして360°の4K動画をYouTubeにアップロード9

【THETA S】VR360°撮影時にiPhoneを置く場所をつくる【RICOH】

【THETA S】での撮影時でちょっとした工夫というかiPhoneの置き場をどうするかってのを書いておきます。 RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球イメージ撮影デバイ ... 続きを読む

a6_fiyer_yoko_03

動画素材.comはM3-2016秋10.30に参加します第二展示場2F【シ-21b】で新しいFHDと4K60P+ちょっとVRの動画素材集を頒布します

動画素材.com は 音系・映像・マルチメディアを中心とした専門即売会 M3-2016秋 に参加します。 東京流通センター(TRC)で10/30日曜に開催です。 頒布物は動画素材.comに公開している ... 続きを読む

78y

VR(360°)で使える動画素材を追加しました

VR(360°)で使える動画素材を 追加しました。 10本追加しています。 ロイヤリティーフリー(著作権使用料無料)です。 http://動画素材.com/movie78VR.html 投稿者プロフィ ... 続きを読む

【THETA S】で360°動画撮影・編集・YouTubeアップまでやってみました。動画撮影編18

【THETA S】VR360°動画撮影・編集・YouTubeアップまで。動画撮影編【RICOH】

先日「THETA S」を借りる機会があったので渋谷をウロチョロして360°動画撮影をやってみました。 それから動画編集してYouTubeにアップまでやってみましたのでその過程をここに残しておきます。 ... 続きを読む

【PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を展開する【After Effects】1

【PIXPRO SP360 4K】で撮ったVR映像を展開する【After Effects】レビュー

PIXPRO SP360 4Kをお借りする機会があったので試しに軽く撮影、After Effectsで展開、YouTubeにアップロードまでやってみましたのでその解説をしていきます。 投稿者プロフィー ... 続きを読む

新刊「動画素材123+45 まるごとフリーでつかえるムービー素材集」


・大人気の動画素材集シリーズ第4弾は、過去2作品から選りすぐりの動画がフルハイビジョンで復活! 

新作も加えた〈123+45〉=〈168点〉、2層式DVD-ROM × 2枚組みの大ボリュームでお届けします!!12/17全国書店で発売です。商用利用にも使えます。


FHD動画素材123本収録「動画素材123FULL」 動画素材123FULL

動画素材123FULL
まるごとFREEでつかえるムービー素材集










2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  



CLOSE
CLOSE