動画素材.com/ブログ

動画素材ダウンロード配布・VJ 4K2K CG・書籍「動画素材123」、PV・MV、映像制作関連、Mac・iPhone・iPad。動画素材.com/ブログ

THETA S VR 360 YouTube

【THETA S】VR360°写真撮影・スライドショーにして360°の4K動画をYouTubeにアップロード【RICOH】

投稿日:2015年11月21日 更新日:


今回は【THETA S】で360°の写真撮影をしてスライドショーを作成、4Kサイズの動画にしてYouTubeにアップロードまでという手順を説明していきます。

今回360°の4K動画をつくってアップロードしたのはこちら

https://youtu.be/X94Ms1g06-U


画質の比較対象として【THETA S】で360°動画撮影・編集してアップロードしたのはこちら。

https://youtu.be/RK9L-7QhCVE


【THETA S】360°写真撮影・スライドショーにして360°の4K動画をYouTubeにアップロード9

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球イメージ撮影デバイス 910720

THETA Sの廉価版が出ました。HDMI出力無しのムービー連続撮影5分まで。

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA SC (ブルー) 360°全天球イメージ撮影デバイス 910743



【THETA S】VR360°動画撮影・編集・YouTubeにアップロード【動画撮影編】
先日「THETA S」を借りる機会があったので渋谷をウロチョロして360°動画撮影をやってみました。 それから動画編集してYouTubeにアップまでやってみましたのでその過程をここに残しておきます。 ...

続きを見る

【THETA S】VR360°動画撮影・編集・YouTubeアップまで。動画編集〜アップロード編【RICOH】2016.10.27タグ付けで追記あり
前回は【THETA S】でVR360°動画撮影するところに関して解説しました。 THETA Sの廉価版が出ました。HDMI出力無しのムービー連続撮影5分まで。 4K動画撮影ができるTHETA Vが出ま ...

続きを見る


360°の写真をスライドショーにして4K動画としてアップロードしたら画質は向上するのだろうか、

という事を検証しています。


【THETA S】で360°動画撮影はできますがYouTubeにアップロードした動画の画質は結構厳しいものがあります。

たかだか5万円ほどの機材でこれだけの事ができるのはすごい事だとは思いますが、欲を言えばもう少し画質がなんとかならないかってのは考えるかと思います。
この際動画は諦めて写真だけの構成にしたらどうだろうかと考え、360°写真のスライドショーを作成します。


【THETA S】で撮った写真ですが解像度は5376×2688となります(最高解像度で撮った場合)縦横比としては2:1ですね。

【THETA S】360°写真撮影・スライドショーにして360°の4K動画をYouTubeにアップロード2

これをそのままの解像度でスライドショーにして動画とするのはさすがに大きすぎますので少し縮小します。
今回は作成にAfter Effectsを使用しています。コンポジションの設定で幅を4320×2160に設定。画像ではフレームレートの設定が1となっていますが最終的には24でやっています。

【THETA S】360°写真撮影・スライドショーにして360°の4K動画をYouTubeにアップロード3

ちなみに 【THETA S】で撮った360°動画は1920×1080pですが展開すると1920×960pとなります。なのですがそれをアップロードするとYouTube上では1080pの映像として扱われます。
なので4Kの場合は960×2で縦ピクセルは1920pの3840×1920pで良いんじゃないかなと思ったのですがそれだとYouTube上では1440pまでにしかなりませんでした。なので4Kとしてアップしたい場合はきっちり縦2160pでアップロードする必要がありそうです。

 追記:後に3840×1920でアップしたのが4K扱いになったので改善されたのでしょうか? 

コンポジションに写真を並べていきます。10秒に1枚写真が切り替わるようにしています。

切り替わり時にトランジションなどは何もかけていません。

【THETA S】360°写真撮影・スライドショーにして360°の4K動画をYouTubeにアップロード4

スライドショー始まりにテロップを入れていますがこちらはぐるっと二回転くらいさせてからフェードアウトさせています。

【THETA S】360°写真撮影・スライドショーにして360°の4K動画をYouTubeにアップロード5

一通りできたら4320×2160 フレームレート24のProres422形式でAfter Effectsからレンダリング。

そのProress422形式のQuickTimeムービーをHandBrakeでH.264形式に圧縮します。
内容としてはただのスライドショーなので4K動画のファイルサイズとしてはかなりコンパクトになっています。

【THETA S】360°写真撮影・スライドショーにして360°の4K動画をYouTubeにアップロード6

そのmp4ファイルを 360 Video Metadataを使ってメタデータを埋め込みます。

 現在は「360 Video Metadata」ではなく「Spatial Media Metadata Injector」というものに変更されています。 

https://support.google.com/youtube/answer/6178631?hl=ja


メタデータ埋め込みの具体的な方法は前記事をご覧いただければと思います。

http://動画素材.com/blog/post-3373/

【THETA S】VR360°動画撮影・編集・YouTubeアップまで。動画編集〜アップロード編【RICOH】2016.10.27タグ付けで追記あり
前回は【THETA S】でVR360°動画撮影するところに関して解説しました。 THETA Sの廉価版が出ました。HDMI出力無しのムービー連続撮影5分まで。 4K動画撮影ができるTHETA Vが出ま ...

続きを見る


そしてそれをYouTubeにアップすると360°の4K映像が観れます。

https://youtu.be/X94Ms1g06-U



1080p映像のと比較すると明らかに画質は違います。

360°の1080p映像撮影したもの

【THETA S】360°写真撮影・スライドショーにして360°の4K動画をYouTubeにアップロード7

360°の写真からスライドショーで4K映像にしてアップしたもの

【THETA S】360°写真撮影・スライドショーにして360°の4K動画をYouTubeにアップロード8

同じ1080pでも映像撮影したものではなく写真であればもっと綺麗になったんではないかとは思います。

【THETA S】での360°映像での参考になりましたら幸いです。

【THETA S】360°写真撮影・スライドショーにして360°の4K動画をYouTubeにアップロード9

-THETA S, VR 360, YouTube
-, , , , ,

CLOSE
CLOSE

Copyright© 動画素材.com/ブログ , 2018 All Rights Reserved.